病気の症状が悪化しない内に早めに治療しよう

種類

医療機関で外反母趾を治療することは大切ですが、自分自身も外反母趾について理解しておく必要があります。外反母趾と一言で言っても、様々な種類があります。自分はどのタイプの外反母趾か知っておきましょう。

Read More

自分で治療

外反母趾を治療する方法は様々ありますが、自分で足指の向きを矯正する方法もいくつかあります。テーピング、マッサージ、専用グッズなどのアイテムを使用して、矯正していきます。

Read More

靴の選び方

外反母趾を治療して治したとしても、再発する可能性があります。再発しないためには予防が大切です。1つの予防法が、靴の選び方です。靴の選び方を間違えてしまうと、外反母趾になりやすくなってしまいます。

Read More

歩き方

聞こえが悪いという場合に疑いが高くなります。メニエール病の原因を探って状況にあった治療を進めておこう。薬でも克服出来ます。

潰瘍性大腸炎は早く治したいですよね。体質に合わせた薬膳レシピや新薬、漢方が紹介されてるので、気になる方はぜひご覧ください。

お洒落は足元から、というようにファッションにこだわっている人は、靴にこだわっている人も多いです。
靴の種類は様々ありますが、男性よりも女性の靴の方が種類は多いです。
女性特有の靴が、ヒールがついているタイプの靴です。
しかし、そのような靴は外反母趾の原因となることもあるのです。お洒落を楽しむのは悪くないことですが、外反母趾に気をつけていないと、後々後悔することになります。
外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がっていることで、親指の付け根の関節が、外側に飛び出した状態になっています。
そのため、靴を履くと、関節が飛び出している部分が靴に当たってしまうので、痛みや腫れなどの症状が出てくるのです。
痛みや腫れなどの症状だけならまだ良いのですが、外反母趾がひどくなると、親指が、人差し指の下に潜り込んでしまったり、上に乗っかったりすることもあるのです。

外反母趾になる原因は様々あります。
1つは歩き方です。外反母趾患者に多いのが、足指を使わずに歩く歩き方です。足指を使わずに歩いてしまうと、足指の周りの筋肉は退化していくので、外反母趾は悪化していくのです。
この歩き方は、大きな原因で、治療をする上でまずはこの歩き方を改善することから始めます。治療だけではなく、予防としても歩き方に気をつけることが大切です。
女性の場合は、ハイヒールやつま先が細い靴を履くことが多いので、足指の周囲の筋肉が衰えて外反母趾になりやすくなってしまうのです。
ただ、歩き方が悪いと、ハイヒールなどの靴を履いていなくても、外反母趾になることもあります。

外反母趾を放置しておくと、足が痛くなったり、ハイヒールやつま先が細い靴などのお洒落な靴が履けなくなったりします。
また、それだけではなく、状態が悪化すると通常通り歩くのも辛い状態になってしまいますし、強烈な痛みを伴います。
このような症状を発症させないためにも、外反母趾と気づいたら、速やかに医療機関を受診した方が良いです。

手術

外反母趾の状態がひどい場合は、手術治療になることもあります。片足ずつ治療を行うこともできますし、両足ずつ治療を行うこともできます。それぞれメリットは異なります。

Read More

他の病気を引き起こす

自分が外反母趾と分かったら、なるべく早く治療をした方が良いです。その理由は、外反母趾は重大な病気を引き起こす場合もありますし、体の症状がひどくなることもあるからです。

Read More