靴の選び方 | 病気の症状が悪化しない内に早めに治療しよう

病気の症状が悪化しない内に早めに治療しよう

靴の選び方

外反母趾は治療することで治すこともできますが、日頃の生活に気をつけていないと、再発する可能性もあります。
外反母趾患者は、男性よりも女性の方が多いです。その理由は、女性は関節が柔らかく形が変わりやすいからです。
その外反母趾を再発させないために、または予防する方法として正しいクツの選び方を知っていた方が良いです。
靴選びを間違ってしまうと、外反母趾になる可能性を高めてしまいます。逆に言えば、正しい靴選びをすることで、外反母趾になる原因を1つ消すことができるのです。
靴の他にも、歩き方が原因となっていることもありますが、間違った靴を選んでしまうと、歩き方も変わってしまうので、靴選びが重要なのです。

医療機関で行われている治療法は様々ありますが、医療機関で行われている治療だけではなく、靴選びも大切な治療の1つになります。
自分に合った靴選びのポイントは、様々あります。
サイズを確認する場合は、履くだけではなく、実際に歩いて確認、靴の中で足が滑らない、踵が抜けないなどです。
靴を座ったまま履いて、サイズがぴったりだと思っていても、歩いてみたらきつく感じることも少なくありません。ですから、靴を選ぶ場合は、必ず歩いて確認することが大切です。
基本的に、きつすぎても、大きすぎても靴選びとしては失敗です。
このポイントを抑えておけば、自分にぴったりの靴を選ぶことができます。

外反母趾の治療を進める上で重要なのは、知識を持って治療に取り組むことです。無知のまま外反母趾の治療をしていては、なぜ外反母趾になったのか、なぜ治ったのか、などが分からないままです。
その場合は、再発する可能性も高いので、注意が必要です。